引き出物の選び方や人気商品を知りましょう

引き出物選びに迷ったらカタログギフトがおすすめ!

結婚式の悩みの種

結婚式をする上で悩みの種になつひとつが引き出物です。値段のバランスを取ったり、いろいろな人が喜ぶものを選ぶ必要があります。引き出物にはさまざまな種類がありますが、その中でも結婚式で人気のものをランキング形式で紹介していきます。引き出物選びで悩んでいる方は参考にしていください。

贈ると喜ばれる人気引き出物ランキング

no.1

カタログギフト

カタログギフトは引き出物の中でも圧倒的な人気と満足度を誇っています。自分に必要なものをカタログの中から選ぶことができるので、満足度が高くなっています。また、引き出物を贈る側も喜んでもらいたいためにカタログギフトが人気を得ています。

no.2

スイーツ

スイーツは多くの方に喜ばれる引き出物のひとつになります。スイーツが口に合わないということはあまりなく、万人受けしいやすいでしょう。なので、満足度も高くなっています。また、二次会へ行く時に荷物になりにくいというのも人気の理由のひとつでしょう。

no.3

食器類

昔から引き出物の定番として贈られてきた食器類ですが、最近ではあまり見なくなりました。食器を使用する度に、自分達の存在を思い出してもらえます。また、食器は長く使ってもらえるので、縁起がいいとされています。ただ、少し重くて大きいので、二次会へ参加する方にとっては荷物になり大変かもしれません。

no.4

商品券・ギフトカード

こちらもカタログギフトに似ていますが、使用の用途を貰った方が決められます。なので、とても満足度の高い引き出物になっています。ですが、カタログギフトに人気を取られて見る機会はあまりありません。また、金額も相手に丸わかりになのもあまりよろしくないでしょう。

no.5

タオルなどの日用品

タオルや洗剤などの日用品も最近ではあまり見なくなりました。ブランドもののタオルなどは、もらう人にとっては100円のタオルと変わらないので、そこまで満足度が高くないです。また、タオルもカタログギフトから選ぶことができるので、年々贈る人が減っているのでしょう。

引き出物の選び方や人気商品を知りましょう

プレゼント

カタログギフトが人気の理由

ここまで紹介したランキングは、実際に引き出物を貰った方の満足度を参考にして作成しました。見てみると分かるように、ランキングのにあるものすべてカタログギフトから選ぶことができるのです。カタログギフトが圧倒的に人気なのは、これにあると思われます。スイーツやジュースなどの飲食物、食器やタオルなどの生活用品、商品券やギフトカードなどの金券、これら全てカタログギフトから選択することが可能になっています。

こだわりがなければカタログギフトがおすすめ

引き出物に対して強いこだわりがなければ、カタログギフトにするといいでしょう。カタログギフトで不満を持つ方はまずいません。ですが、趣味にあわない食器を貰って不満に思う方や、使われないことがあるでしょう。また、年代や家族層など異なる方が多く来る結婚式では、食器などの趣味を合わせることは難しいです。なので、貰う方々の満足度を考えるとカタログギフトが最適という答えにたどり着きます。

全員を満足させるのは難しい

結婚式に参加される方は、年齢層の幅が広く、趣味もさまざまなので、全員を満足させることは難しいです。二人の門出を祝ってくれた人には、できるだけ満足してもらえるプレゼントを贈りたいですよね。ここからは、引き出物を選ぶ時に気をつけるポイントを解説しています。この項目に当てはまらないように引き出物を選ぶと、満足度の高いプレゼントを選ぶことができるでしょう。

引き出物選びの時に気をつけたいポイント

趣味に合わないものを選んでいないか

自分達の選んだ引き出物が、カタログギフトや金券ではない時は、多くの人に気に入ってもらえるようなデザインのものを選ばなければいけません。自分が好きなデザインのものを引き出物としてプレゼントするのもアリですが、その場合は、満足度を高くすることは難しいでしょう。自分の趣味と他の人の趣味が必ずしも一致することは少ないでしょう。

大きいものや重いものを選んでいないか

サイズが大きめのものや、重いものは持ち運びが大変な上に、二次会などへ参加する時の荷物になってしまいます。自分の車で参加されている方は、大して苦にならないと思います。ですが、タクシーや公共交通機関を利用して参加される方は、常に引き出物を持ち歩くことになるので大変です。また、遠方から来てくれた人も持って帰るのが大変になってしまいます。そういう時のことまで考えてあげる必要があります。

名前が入っていないか

新郎と新婦がオリジナルのものをプレゼントしたくて名前入りのギフトを贈ることがあります。まだこれがお酒のラベルなどの比較的短期間でなくなるものならいいでしょう。ですが、食器やタオルなどの長期間使用するものに自分の達の名前を入れる場合は、気をつけなければいけません。自分達は良かれと思って入れた名前であっても、相手にとってはそれが裏目に出てしまうこともあります。プレゼント自体に名前を入れるのではなく、なるべくメッセージと名前入りのメッセージカードにするといいでしょう。

すでにもっているものでないか

タオルなどの日用品は、すでに多くの数を所持していることが多いです。なので、プレゼントしなくても足りていることが多いです。必要としていたものを、もらえるととても高い満足度を得られます。すでに持っているものを贈ったらだめというわけではありませんが、満足度もそれほど高くならないでしょう。